介護求人サイトランキング

医療・介護求人なら
ジョブパワーズ!

トップページ

当サイトは医療・介護求人に特化したサイトを厳選し、ランキング形式で紹介しています。医療・介護業界への就職・転職を考えている方必見です!

少子高齢化が進む日本において介護業界は成長産業と言われています。

そして、最も意義があり、最も需要のあるお仕事の一つとも言えるでしょう。

しかしながら、労働条件が悪く志半ばに現場を離れてしまったという人も多いのが現実です。

そんな危機的状況を打破するべく介護離職ゼロを実現するための政策として、2017年12月に政府は約1,000億円規模の財源を投入し介護職の待遇改善に乗り出すことを閣議決定しました。

そのため、現場に復帰したいと考えている方、より良い条件の職場に転職したいと考えている方は今がチャンスなのです。

しかし、いざ介護求人を探そうと思っても、インターネットには情報が溢れすぎていて、どのサイトを利用すれば良いのかわからないという方も多いと思います。

そこで当サイトでは介護求人に特化し厳選した4サイトをご紹介します。

医療・介護系に特化した求人サイトであれば、一般的な転職サイトでは取り扱っていない好条件の求人が多数寄せられています。

介護求人を探している方は、医療・介護系に特化した求人サイトを上手く活用し、働き甲斐があり、条件にも満足できる職場環境を見つけましょう。

\介護求人ランキング/

お友達紹介キャンペーン中!
おすすめ度 ★★★★☆
登録料・利用料 無料
転職サポートサービス 専任コーディネーターあり(無料)
介護士の求人数 非公開
就労形態 正社員、パート
介護求人の対応エリア 東京都
求人職種

機能訓練指導員、サービス提供責任者、生活指導員、計画作成担当者、ケアマネージャーなど

勤務先

デイサービス、訪問介護施設、訪問介護事業所、グループホーム、有料老人ホームなど

  • 最短即日でご紹介!
  • 非公開求人あり!

【非公開求人】
介護求人すぐみつかるナビでは、サイトに掲載していない非公開求人を用意しています。

【お友達紹介キャンペーン】
介護求人すぐみつかるナビでは、紹介して頂いたお友達も介護求人すぐみつかるナビで入社が決まった場合、1万円分のギフト券がプレゼントされるキャンペーンを実施中です。


選ばれ続けて実績No.1!
おすすめ度 ★★★★☆
登録料・利用料 無料
転職サポートサービス 専任エージェントあり(無料)
介護士の求人数 30000件※2018年6月
就労形態 正社員、契約社員、パート
介護求人の対応エリア 全国
求人職種

介護職、ケアマネージャー、生活相談員、サービス提供責任者、オペレーター、管理職(リーダー)、管理職(管理者・施設長)、リハビリ職(理学療法士)、リハビリ職(作業療法士)、看護職など

勤務先

特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、小規模多機能、デイサービス・デイケア、訪問介護、定期巡回・夜間対応、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、訪問入浴、病院・クリニックなど

  • 求人登録数30000件以上!
  • 厚生労働大臣認可サービス!

【非公開レア求人多数】
クリックジョブ介護では、好条件・高待遇の求人やハローワークに掲載されている求人なども紹介しています。

【面接ごとに交通費支給】
クリックジョブ介護では現在、面接ごとに交通費1,000円支給するキャンペーンを実施中です。


情報充実の豊富な求人!
おすすめ度 ★★★★☆
登録料・利用料 無料
転職サポートサービス アドバイザーあり(無料)
介護士の求人数 非公開
就労形態 正社員、契約社員、パート・アルバイト、派遣
介護求人の対応エリア

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、愛知県、福岡県、北海道

求人職種

ヘルパー・介護職、生活相談員、サービス提供責任者、管理職・管理職候補、ケアマネージャーなど

勤務先

デイサービス、訪問介護、グループホーム、小規模多機能型居宅介護、障害者施設、有料老人ホーム(有料)、老人保健施設(老健)、特別養護老人ホーム(特養)など

  • 高時給の派遣サービス!
  • 徹底したアフターサポート!

【様々な希望条件に対応可能】
きらケア介護求人では、サイトには掲載されていない非公開の求人や、施設の雰囲気、評判など、自分ではなかなかでは知ることが難しい情報も充実しています。

【派遣サービス】
きらケア介護求人では、正社員、契約社員、パート以外に、人材派遣サービスも行っており、介護業界での「理想の働き方」を徹底サポートします。

まとめ

当サイトは医療・介護求人に特化したサイトを厳選し、ランキング形式で紹介しています。

介護求人のQ&A

介護求人の就職・転職サービスを利用して医療・介護業界への就職・転職を考えているけど、すぐに仕事は見つかるかな?どんな職場があるのかな?など、様々なご不安を抱えている方も多いかと思います。
ここでは介護求人の就職・転職サービスについてや、医療・介護業界に関する疑問・質問をQ&A方式でご紹介します。

Q.無料で利用できますか?

A.できます

介護求人サイトは医院や老人施設、介護事業所等から受け取る手数料や、求人広告掲載料によって運営されているため、利用者は全てのサービスを無料で利用することができます。

Q.正社員の募集はありますか?

A.あります

正職員(正社員)、契約職員(契約社員)、パート・アルバイト、派遣といった勤務形態よりお仕事を探すことができます。

Q.募集している職種を具体的に教えてください

A.医療・介護系に関する人材を幅広く募集しています

医師、保健師、看護師、診療放射線技師、PT・OT・ST、管理栄養士/栄養士、看護助手、歯科衛生士、歯科助手、相談員、介護職/ヘルパー、生活支援員、自動相談員、介護タクシー・ドライバー、事務・受付、薬剤師、助産師、臨床検査技師、臨床工学技士、医療ソーシャルワーカー、登録販売者、歯科医師、歯科技工士、介護支援専門員、サービス提供責任者、サービス管理責任者、児童発達支援管理責任者、福祉用具専門員、調理師・調理員など。

Q.日勤のみ・夜勤のみの募集はありますか?

A.あります

日勤のみや夜勤のみなど、条件を絞って検索することが可能です。

Q.どのような施設での求人がありますか?

A.介護を要する人のための施設を中心に様々な施設の求人があります

デイサービス・デイケア、病院・クリニック、居宅介護支援事業所、特別養護老人ホーム(特養)、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、地域包括支援センター、小規模多機能型居宅介護、グループホーム、リハビリ訪問看護ステーション・リハビリ看護センター(リハビリセンター)、介護老人保健施設(老健施設)、定期巡回・夜間対応、訪問入浴、訪問介護、障害者施設などがあります。

Q.未経験・無資格ですがお仕事はありますか?

A.あります

資格のない方や無資格の方でも申し込み可能な求人はたくさんあります。

無資格取得支援や社外研修費補助を設けている職場もありますので、気になる職場が見つかったら各介護求人サイトのエージェントに相談してみましょう。

Q.介護職に就くにあたり持っていると有利な資格はありますか?

A.あります

自動車運転免許、介護福祉士、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)、介護職員実務者研修(旧ヘルパー1級/基礎研修)、歯科衛生士、正看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、精神保健福祉士、言語聴覚士、社会福祉主事任用資格、薬剤師などの資格を有していると医療・介護系の転職には有利です。

Q.ブランクがあるのですが大丈夫ですか?

A.大丈夫です

各介護求人サイトいずれもブランク可の求人もたくさんありますので、今のライフスタイルに合ったお仕事探しをおすすめします。

Q.50代ですがお仕事はありますか?

A.あります

20代から60代まで幅広い年齢層のスタッフが活躍しているという職場も多く、年齢不問の募集もたくさんあります。

Q.処遇改善交付金とは何ですか?

A.介護職員の賃金改善のために設けられた制度です

直接介護を行っている者へ雇用形態問わず支給されます。支給方法は定期昇給や手当など事業所によって異なります。

Q.処遇改善交付金がもらえてないのですが…

A.いくつか可能性が考えられます

処遇改善交付金は直接介護を行っている者への支給のため管理者やケアマネージャーは対象外となります。

また、届けての手続きが煩雑のため、小規模な事業所ほど手続きに割く時間がなく処遇改善加算の取得のための届け出を出せていないという場合もあります。

求人内容に処遇改善交付金が明記されているというのも選ぶポイントの1つと言えますね。

医療・介護求人を探しているときに役立つコラム

自分の夢のためにお金を貯めたい、自分の趣味の時間をできるだけ取りたい、という方に勧めたいのが特養を初めとした24時間体制で運営している介護施設での夜勤です。実際の求人情報を調べてみると時給制の場合、基本給の他に夜勤手当が1勤務あたり3000から8000円支給、時給制ではない場合、基本給+夜勤手当で日給25000円などで募集されています。

また、夜勤手当以外にも所持している資格によっては資格手当が支給されることも多く、資格取得を積極的に支援してくれる企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)がとても多いです。
実際に、夜勤しかはたらきたくない方の中には、生活するのに必要な分だけ働いてあとは自由に過ごしている方もいます。
予想外というのも変ですが、介護業界内では特別養護老人ホームなどの24時間体制で介護している施設で夜勤しかはたらきたくないという方がいるようです。その所以としては夜勤手当が多くつくので貯金したい人や夜勤で10日間くらい働いてあとは自由に生活するなど趣味や自分のために時間が使いやすいからです。



このように介護士などの職業ははたらき方に自由があるようで前述のように手当のつく夜勤でのみ働くという方や日中しか働けないという方は、デイサービス、デイケアで勤務するというはたらき方が選べます。最近、介護士の方の話を聞く機会がありました。


その時に初めて知ったのですが実は介護業界は他の職場への転職やキャリアアップがしやすい業界のようです。話によると、介護の業界では男性も増えてきていますが女性の方が多くキャリアアップやステップアップの障害にならなくキャリア形成のための資格取得の費用を会社が負担してくれるなどキャリア形成の支援をしてくれる企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)が多い沿うです。

また、人手が需要に追いついていないという話を知っていますか。人手が足りていないということは常に求人がされていてかつ採用もされやすく資格を持っていればUターン就職を考えても困りません。


今のシゴトはつづけたいと思っているけど職場環境が…、子育てが落ちついたのでそろそろシゴトを再開しようかなという場合、有名な求人ホームページで探してみたけど持っている資格を活かせ沿うなシゴトが見つかりにくい時があります。
では、どのように捜すのが無駄がでないでしょうか。

最近、職種を絞った求人ホームページが増えていることをご存知ですか?例えば、ジョブパワーズという求人ホームページの場合、医療や介護などの求人のみが募集されています。
同じ地域の求人と比較した場合、資格がもとめられているシゴトのほうが時給が高く設定されているのでぜひ利用しましょう。



シゴトをする上で重要なことはキャリア形成ですね。

キャリアアップすると具体的に給与が上がるなど評価もアップします。有効な方法としては資格を取ったり転職する等があります。
特に、介護業界はその傾向が強いようです。まずは、初任者研修と実務者研修を受けて資格を取得する。

生活相談員としての条件を満たし入所から生活まで相談援助をする。


要介護者の介護プランを作成するケアマネージャーの資格を取得する。

など、資格を取ることでキャリアが上がり給与のアップに繋がるでしょう。
また、転職活動で求人ホームページを探してみると資格を所持していればケアマネとして就業できるチャンスも広がります。現在、インターネット上には多様な求人ホームページがありますが、正直、どういった基準でホームページを選べばいいかわからないだと思います。
webホームページを大聴く分類すると2種類になります。販売、企画、サービス業など職種を限定しない全般的なホームページと医療・介護系、ホテル業界専門など1つの職種・業種専門ホームページです。やりたいシゴトが決まっている、せっかく資格を取得したし有効的に使いたいという場合には職種・業種を絞った専門ホームページを使用したほうが条件のいいシゴトが見つかりやすいでしょう。



また、職種専門ホームページの中にもホームページごとの特長があり、比較していくと、事前に職場見学ができること、採用担当者と応募者が直接やりとりできることなど異なることがわかりました。
人の役にたつ職業といえばどのような職業が思い浮かびますか?まず最初に出てくるのが医者だと思います。

ただ、人の役に立ちたい思いだけでは医者にはなれませんよね。
それではもっと生活に密接な介護のシゴトはどうでしょうか。口コミを見ると1番の魅力・やりがいは笑顔で喜んで貰える、げんきのなかった方の笑顔が出てきて感謝されるときが多いようです。

その他にも、年齢性別に関係なくキャリアアップが叶いやすい環境であることや日勤のみのシフトや、逆に夜勤だけで働いて残りは自由に過ごすなど存外自由があるシゴトだとわかりました。親の介護を見越してシゴトとして介護をおぼえようと考える40代、50代の方が増えています。



一般的な求人ホームページでは40代、50代可能という求人少ないですが介護の世界では、40代、50代でもOKなことは珍しくありません。それは、新卒とある程度年齢を重ねてから介護を始めた人とで良さが違うからです。


例えば、利用者の大半は高齢者となりますので、孫くらいの年齢の人に頼み事やおねがいをするのに気が引けてしまうことがあるのです。
それに対し、ある程度年齢を重ねている方に頼む場合、親子のような関係性を築きやすく仲良くなりやすいということがあります。
子育て落ち着いたから空いた時間にパートをしようと考える方も多いと思います。折角シゴトをするなら以前携わっていたシゴトに近いことあるいは所持している資格が役たつものを選びたいだと思います。仮に、介護福祉士の資格を持っているとすると、コンビニやスーパーでバイトするよりも資格が必要な介護職は給料がよく、日勤のみと言う事も選べます。

会社によっては週1日からでもOKだったり、早く感覚を戻したい方は逆に週5など、自分の生活リズムに合わせて働けるのも嬉しいですね。
ジョブパワーズのように職種や業種を限定した求人ホームページもよく目にするようになったので自分の資格・経験を存分に活用していきましょう。



あなたは介護と言うおシゴトについてどのような印象を持っていますか?恐らく多くの方は「きつい、汚い、給料が安い」の3Kだと感じているのではないでしょうか。でも、本当のところはどうなのでしょうか。

実は、はたらきやすくて自由が聴くシゴトなのだ沿うです。例えば、日中のみのデイサービスの求人なら通常、夜勤は発生しませんし、老人ホームなどでも日勤だけを希望するというはたらき方も可能です。
また逆に、夜勤をすると夜勤手当がつくので積極的に夜勤に入ることで手厚い手当てを受ける方や夜勤だけを月10日くらい働いてあとは自由に過ごす方もいる沿うです。

医療・介護求人を探している際のお役立ち情報

徹底的なお客様目線No.1!

介護求人といえばココ!