介護求人サイトランキング

医療・介護求人なら
ジョブパワーズ!

トップページ > 東京都

当サイトでは東京都で医療・介護求人をお探しの方に、医療・介護求人に特化したサイトを厳選し、ランキング形式で紹介しています。医療・介護業界への就職・転職を考えている方必見です!

少子高齢化が進む日本において介護業界は成長産業と言われています。

そして、最も意義があり、最も需要のあるお仕事の一つとも言えるでしょう。

しかしながら、労働条件が悪く志半ばに現場を離れてしまったという人も多いのが現実です。

そんな危機的状況を打破するべく介護離職ゼロを実現するための政策として、2017年12月に政府は約1,000億円規模の財源を投入し介護職の待遇改善に乗り出すことを閣議決定しました。

そのため、現場に復帰したいと考えている方、より良い条件の職場に転職したいと考えている方は今がチャンスなのです。

しかし、いざ介護求人を探そうと思っても、インターネットには情報が溢れすぎていて、どのサイトを利用すれば良いのかわからないという方も多いと思います。

そこで当サイトでは介護求人に特化し厳選した4サイトをご紹介します。

医療・介護系に特化した求人サイトであれば、一般的な転職サイトでは取り扱っていない好条件の求人が多数寄せられています。

介護求人を探している方は、医療・介護系に特化した求人サイトを上手く活用し、働き甲斐があり、条件にも満足できる職場環境を見つけましょう。

\介護求人ランキング/

お友達紹介キャンペーン中!
おすすめ度 ★★★★☆
登録料・利用料 無料
転職サポートサービス 専任コーディネーターあり(無料)
介護士の求人数 非公開
就労形態 正社員、パート
介護求人の対応エリア 東京都
求人職種

機能訓練指導員、サービス提供責任者、生活指導員、計画作成担当者、ケアマネージャーなど

勤務先

デイサービス、訪問介護施設、訪問介護事業所、グループホーム、有料老人ホームなど

  • 最短即日でご紹介!
  • 非公開求人あり!

【非公開求人】
介護求人すぐみつかるナビでは、サイトに掲載していない非公開求人を用意しています。

【お友達紹介キャンペーン】
介護求人すぐみつかるナビでは、紹介して頂いたお友達も介護求人すぐみつかるナビで入社が決まった場合、1万円分のギフト券がプレゼントされるキャンペーンを実施中です。


選ばれ続けて実績No.1!
おすすめ度 ★★★★☆
登録料・利用料 無料
転職サポートサービス 専任エージェントあり(無料)
介護士の求人数 30000件※2018年6月
就労形態 正社員、契約社員、パート
介護求人の対応エリア 全国
求人職種

介護職、ケアマネージャー、生活相談員、サービス提供責任者、オペレーター、管理職(リーダー)、管理職(管理者・施設長)、リハビリ職(理学療法士)、リハビリ職(作業療法士)、看護職など

勤務先

特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、小規模多機能、デイサービス・デイケア、訪問介護、定期巡回・夜間対応、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、訪問入浴、病院・クリニックなど

  • 求人登録数30000件以上!
  • 厚生労働大臣認可サービス!

【非公開レア求人多数】
クリックジョブ介護では、好条件・高待遇の求人やハローワークに掲載されている求人なども紹介しています。

【面接ごとに交通費支給】
クリックジョブ介護では現在、面接ごとに交通費1,000円支給するキャンペーンを実施中です。


情報充実の豊富な求人!
おすすめ度 ★★★★☆
登録料・利用料 無料
転職サポートサービス アドバイザーあり(無料)
介護士の求人数 非公開
就労形態 正社員、契約社員、パート・アルバイト、派遣
介護求人の対応エリア

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、愛知県、福岡県、北海道

求人職種

ヘルパー・介護職、生活相談員、サービス提供責任者、管理職・管理職候補、ケアマネージャーなど

勤務先

デイサービス、訪問介護、グループホーム、小規模多機能型居宅介護、障害者施設、有料老人ホーム(有料)、老人保健施設(老健)、特別養護老人ホーム(特養)など

  • 高時給の派遣サービス!
  • 徹底したアフターサポート!

【様々な希望条件に対応可能】
きらケア介護求人では、サイトには掲載されていない非公開の求人や、施設の雰囲気、評判など、自分ではなかなかでは知ることが難しい情報も充実しています。

【派遣サービス】
きらケア介護求人では、正社員、契約社員、パート以外に、人材派遣サービスも行っており、介護業界での「理想の働き方」を徹底サポートします。

まとめ

当サイトは医療・介護求人に特化したサイトを厳選し、ランキング形式で紹介しています。

東京都の方向け介護求人のQ&A

介護求人の就職・転職サービスを利用して医療・介護業界への就職・転職を考えているけど、すぐに仕事は見つかるかな?どんな職場があるのかな?など、様々なご不安を抱えている方も多いかと思います。
ここでは介護求人の就職・転職サービスについてや、医療・介護業界に関する疑問・質問をQ&A方式でご紹介します。

Q.無料で利用できますか?

A.できます

介護求人サイトは医院や老人施設、介護事業所等から受け取る手数料や、求人広告掲載料によって運営されているため、利用者は全てのサービスを無料で利用することができます。

Q.正社員の募集はありますか?

A.あります

正職員(正社員)、契約職員(契約社員)、パート・アルバイト、派遣といった勤務形態よりお仕事を探すことができます。

Q.募集している職種を具体的に教えてください

A.医療・介護系に関する人材を幅広く募集しています

医師、保健師、看護師、診療放射線技師、PT・OT・ST、管理栄養士/栄養士、看護助手、歯科衛生士、歯科助手、相談員、介護職/ヘルパー、生活支援員、自動相談員、介護タクシー・ドライバー、事務・受付、薬剤師、助産師、臨床検査技師、臨床工学技士、医療ソーシャルワーカー、登録販売者、歯科医師、歯科技工士、介護支援専門員、サービス提供責任者、サービス管理責任者、児童発達支援管理責任者、福祉用具専門員、調理師・調理員など。

Q.日勤のみ・夜勤のみの募集はありますか?

A.あります

日勤のみや夜勤のみなど、条件を絞って検索することが可能です。

Q.どのような施設での求人がありますか?

A.介護を要する人のための施設を中心に様々な施設の求人があります

デイサービス・デイケア、病院・クリニック、居宅介護支援事業所、特別養護老人ホーム(特養)、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、地域包括支援センター、小規模多機能型居宅介護、グループホーム、リハビリ訪問看護ステーション・リハビリ看護センター(リハビリセンター)、介護老人保健施設(老健施設)、定期巡回・夜間対応、訪問入浴、訪問介護、障害者施設などがあります。

Q.未経験・無資格ですがお仕事はありますか?

A.あります

資格のない方や無資格の方でも申し込み可能な求人はたくさんあります。

無資格取得支援や社外研修費補助を設けている職場もありますので、気になる職場が見つかったら各介護求人サイトのエージェントに相談してみましょう。

Q.介護職に就くにあたり持っていると有利な資格はありますか?

A.あります

自動車運転免許、介護福祉士、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)、介護職員実務者研修(旧ヘルパー1級/基礎研修)、歯科衛生士、正看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、精神保健福祉士、言語聴覚士、社会福祉主事任用資格、薬剤師などの資格を有していると医療・介護系の転職には有利です。

Q.ブランクがあるのですが大丈夫ですか?

A.大丈夫です

各介護求人サイトいずれもブランク可の求人もたくさんありますので、今のライフスタイルに合ったお仕事探しをおすすめします。

Q.50代ですがお仕事はありますか?

A.あります

20代から60代まで幅広い年齢層のスタッフが活躍しているという職場も多く、年齢不問の募集もたくさんあります。

Q.処遇改善交付金とは何ですか?

A.介護職員の賃金改善のために設けられた制度です

直接介護を行っている者へ雇用形態問わず支給されます。支給方法は定期昇給や手当など事業所によって異なります。

Q.処遇改善交付金がもらえてないのですが…

A.いくつか可能性が考えられます

処遇改善交付金は直接介護を行っている者への支給のため管理者やケアマネージャーは対象外となります。

また、届けての手続きが煩雑のため、小規模な事業所ほど手続きに割く時間がなく処遇改善加算の取得のための届け出を出せていないという場合もあります。

求人内容に処遇改善交付金が明記されているというのも選ぶポイントの1つと言えますね。

医療・介護求人を探しているときに役立つコラム

今の仕事はつづけたいと思っているけど職場環境が…、出産を機に仕事を離れていたけどそろそろ復帰しようかなという場合、大手の求人ホームページで仕事を探してみたけど保有している資格を生かせるような仕事が自分の要望する条件と合わない場合があります。では、どうやって捜せばいいんでしょう。近年、資格や職種を限定した求人・転職ホームページが増えています。ジョブパワーズという求人ホームページを例に挙げると、この求人ホームページは医療や福祉関連の求人のみがけい載されています。
同じ地域の求人と比較した場合、資格がもとめられている仕事のほうが時給が高くなるのが一般的です。


労働する上で気になるのがお給料ですね。
よく、賃金を上げたいなら「資格を取ろう」と言われます。


企業の経営者むけのポータルホームページが調査した結果によると資格取得支援を実施している企業は約75%、そのうちの約30%の企業は支援期間を設けていたり、受験回数に制限を設定するなど「制限付き援助の企業」となっています。


他に給与を上げる方法としては、転職があります。

たとえば、介護業界は「年々人手不足が問題になっている」という話を聞いたことはないですか?ということは、労働者としては人手不足ということは求人件数が多い=採用されやすいと言う事です。介護の業界は資格取得の援助を行なっている企業も多く取得後には給与アップする制度を設けている企業も多いです。さまざまな職業の総合的な求人ホームページの応募条件項目を見てみるとよくけい載されているのがキャリア形成のため29歳まで、未経験の方への年齢を条件とした求人です。
では、40代、50代の方が転職したい場合はどうしたらいいのでしょうか。年齢制限があまりない仕事を捜す以外にないでしょう。


一例として、介護業界はあまり制限を設けていない業界です。


というのも年齢を重ねたからこその需要があるためです。


これまでの仕事で得た別業界での知識の応用や年を重ねたことで性格も丸くなる人も多く利用者と20代の介護士より早く仲良くなりやすいことが多いなどの利点があります。介護求人を探しているときにひっかかる単語がありました。
それは「ケアハウス」と「老人ホーム」です。一般的には、同じ施設だと思われている方もいると思いますが、調べてみ立ところ、「ケアハウス」とは軽費老人ホームのことであり、市町村の助成をうけることで比較的安価な料金で入居することができる福祉施設のことで、「老人ホーム」は民間が運営を行っており、自治体が介入していない施設のことのようです。

2つのサービスのちがいには、「老人ホーム」には入浴介助や健康管理などもおこなわれますが、一方の「ケアハウス」ではご飯や洗濯といった要介護度が低い方が対象となっています。
持っていたイメージ以上に、介護業界内では特別養護老人ホームなどの24時間体制で介護している施設で夜勤しか働きたくないという方がいるようです。



その所以としては夜勤手当が多くつくので貯金したい人や夜勤で生活に必要な分だけ働いてアトは自由に生活するなど趣味や自分のために時間が使いやすいからです。

予想以上に介護の仕事は働き方に自由があるようで前述のように貯金のために夜勤でのみ働くという方や日中しか働けないという方は日中のみ開いているデイサービス、デイケアで働くなど様々な働き方があります。現在、多種いろんな求人ホームページがネット上に存在していますが、数が多すぎてどのホームページを使ったらいいのかわからないですよね。大聞くグループ分けすると2種類になります。販売、企画、サービス業など職種を限定しない全般的なホームページと医療・介護系、ホテル業界専門など1つの職種・業種専門ホームページです。


やりたい仕事が明確に決まっている、持っているスキルを活用したい場合には職種専門ホームページの利用を利用した方がいいでしょう。また、職種専門ホームページ同士の特質を比較していくと、応募前に職場見学ができること、企業側の担当者に応募者が面接前などに直接メールなどで質問できることがわかりました。
人の役に立つ仕事をやりたい、という想いから介護の仕事を目指す人が増えています。


どんなことでもですが、未経験だけど大丈夫かな?と不安を少なからず感じてしまいますよね。でもご安心を。求人情報を見てみると未経験・無資格でも大丈夫という企業・施設が多く、勤務しながら資格取得支援を応援している会社も多いです。
少子高齢化社会と言われる現在、介護求人は増加傾向にあるので自分の要望条件に合った企業・施設を慎重に捜すことができます。また、企業によっては、事前に企業訪問ができることもあるので実際の職場の雰囲気を確認してから応募することもできます。
自分の夢のためにお金を貯めたい、自分の趣味の時間をできるだけ取りたい、という方におすすめなのが特養(特別養護老人ホーム)を初めとした24時間開いている介護施設での夜勤です。


実際の求人情報を調べてみると時給制の場合、夜勤手当として1回あたり3000から8000円が支給、時給制ではない場合、日給25000円の募集などがあります。
また、それ以外にも資格を取ると資格手当が追加で支給されることが多く、資格取得を積極的に支援してくれる企業がとても多いです。

実際に、夜勤専従で働いている方の中には、生活するのに必要な分だけ働いてアトは自由に過ごしている方もいます。
求人ホームページなどで目にするデイケアとデイサービス、どのようなちがいがあるのでしょうか。同じサービスを提供してくれるようなイメージがありますがどうやら違うみたいです。介護保険サービスでは「通所介護」というものと「通所リハビリテーション」の2つに分類(あくまでも人間による人間の都合に合わせたものともいえるかもしれません)されています。

デイサービスは昼間に施設に通って、ご飯やお風呂に入るといった介護サービスをうけるのですが、デイケアというのは、日中に施設で過ごすという点は同じなのですが利用者は介護サービスをうけることを目的としているのではなくリハビリのために利用しています。

そのため、主目的が生活介護サービスではなく機能を回復指せることを主たる目的としたサービスになります。

あなたはケアホームを御存知ですか?インターネットで調べてみ立ところ、障害程度区分2以上に当てはまる方に対して、共同生活を行なう住居にて、日常生活支援に加え、入浴や排せつ、ご飯などの介護も提供する施設とのことです。

また、介護業界は少子高齢化で施設が増加傾向にあるため、求人件数は多いです。各施設、スタッフを集めるためにより良い条件を出しています。

なので、転職を考えている方には、好条件の求人を見つけるチャンスなのです。また、施設によっては資格取得支援があるところや、資格を取得していると資格手当が支給されます。



自身のキャリア形成を描いている方にはおすすめの業界です。



東京都の方向け医療・介護求人を探している際のお役立ち情報

徹底的なお客様目線No.1!

東京都で介護求人といえばココ!